天の血脈(漫画)の登場人物。読みは「はな」。別称、ハナ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天の血脈(漫画)
正式名称
ふりがな
はな
別称
ハナ

総合スレッド

花(天の血脈)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

安積亮と中国大陸で出会い、心を通わせる からゆきの少女。 ロシア人と日本人の混血児で蒼い瞳を持つ。長崎から売られて中国大陸の九連城で体を売り働く。混血児であることに対し強いコンプレックスを抱く。本名は華だが、めんどうなのでと書いているらしい。

ロシア人からはアンナと呼ばれる。安積亮らと共に日本に帰国する直前、内田良平の策略により元陸軍情報将校予備役少佐である花田仲之助の組織に拘束され、日露戦争において花田が結成した満州義軍にによってハルビンにあるロシア軍の兵站司令部への潜入を命じられ諜報活動を行うことになる。

ロシア語と支那語を使える上、朝鮮語も判り、「救国の烈婦」として組織から重宝されている。

登場作品

明治末期、日露戦争開戦前夜、満州の地に学術調査隊として参加していた優秀であるが冴えない一高の学生、安積亮は、馬賊による襲撃を受け捕らわれてしまうが脱出に成功、帰国し諏訪大社の巫女、翠と祝言をあげる。平...