若草いずみの母親

洗礼(漫画)の登場人物。読みは「わかくさいずみのははおや」。若草いずみとは親族関係にある。

  • 若草いずみの母親
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
洗礼(漫画)
正式名称
若草いずみの母親
ふりがな
わかくさいずみのははおや

総合スレッド

若草いずみの母親(洗礼)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

『洗礼』に登場する、女優若草いずみの母親。人気子役であるいずみの身の回りの世話をする。母親は娘に養われていることに、後ろめたい気持ちを絶えず抱いていた。ある時、撮影でちょっとしたアクセサリーが必要になり、母親はせめて自分の手で造ったもので飾ってやりたいという思いから、夜なべしてリボンを造る。

しかし、撮影現場で母親がリボンをつけようとすると、いずみはビリビリに破いて踏みつけ、母親をビンタする。理由はリボンではなく、近づいた母親に白髪があり、手の皺がはっきり見えたことから、年を取って母親みたいになりたくないという感情が爆発したためであった。

登場人物・キャラクター

『洗礼』に登場する女優。4歳の時からスターで、同時に、美しさをなくすことを恐れていた。大女優と呼ばれるようになってから、顔に皺と痣ができてパニックになるが、主治医である村上のアドバイスで冷静さを取り戻...

登場作品

顔の痣や皺によって美貌が衰えていくのを恐れた女優若草いずみは、行きずりのハンサムな男との間に私生児となる娘上原さくらをもうけ、映画界から身を引く。いずみは村上という主治医と相談し、娘の体に脳を移植して...