茜 三郎

釘師サブやん(漫画)の主人公。読みは「あかね さぶろう」。別称、サブやん。

  • 茜 三郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
茜 三郎
ふりがな
あかね さぶろう
別称
サブやん

総合スレッド

茜 三郎(釘師サブやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

第一ホールの専属釘師。関西弁を話す、そばかすだらけの男。赤ん坊の頃、両親がおたふく風邪にかかって死んだため、祖母に育てられた。成長後、祖母が死んだため上京。釘師の神さまと呼ばれる根岸佐助と出会い、釘師になる。警察と坊主が嫌い。祖母の遺言から、茜正村を祖父と思い込む。

美球一心の秘打・忍球玉バサミに勝つため、玉ふぶきという釘調整をあみだす。後に、究極の秘伝、玉おきのハンマーを使うが、これは禁じ手だったため、佐助から破門される。

関連キーワード

『釘師サブやん』の主人公サブやんが働くパチンコ店。佐千子、出目松、陳太のほか、数人が働いている。金札勝負が行われた会場でもある。社長の林大明は中国人で、他にも上野、新橋、池袋、新宿、浅草でもパチンコ店...
『釘師サブやん』の主人公茜三郎が使う、釘調整の秘技。美球一心の忍球玉バサミに対抗するために編み出した。パチンコ台の釘にこの秘技を使って調整すると、打ち出された玉が釘にふれるだけで勢いよく盤内の外へ流れ...

登場作品

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台...