茜 正村

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「あかね まさむら」。

  • 茜 正村
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
茜 正村
ふりがな
あかね まさむら

総合スレッド

茜 正村(釘師サブやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

サブやんの師・根岸佐助の師匠で伝説的な人物。サングラスをかけ和服姿の老人。サブやんの祖母のウソにより、サブやんに祖父と思い込まれていた。近代パチンコの始祖と呼ばれる正村竹一がモデル。もともと板に釘を刺しただけの子供の遊びだったパチンコに、スタンダード六穴という釘配列をあみだし、今日のパチンコ台となった。

この釘配列は、現在のパチンコ台にも流用されていることがほとんど。正村流釘術(まさむらりゅうちょうじゅつ)の宗家で、正村流釘術奥義書を書き残す。サブやん機関銃のマサが戦った穴市勝負では立会人となり、禁じ手の玉おきのハンマーを使ったサブやんを、パチンコ界から追放した。

だがそれは、パチンコの本質(お客様あってのパチンコである)をサブやんに教えたいがための行為であった。

登場人物・キャラクター

サブやんの釘師の師匠。禿げ頭の老人。釘師の神さまと呼ばれたが、現在は釘師を引退し、たい焼き屋をしている。美人の娘、里美がいる。上京直後、悪い奴に騙されて有り金を全部取られてしまい、上野公園で途方に暮れ...

関連キーワード

『釘師サブやん』の登場人物茜正村が考案した釘調整の技術。正村が宗家であり、象徴として金色のハンマーを持つ。かつて正村の弟子だった根岸佐助と三田源が、次の宗家継承の座を競い合ったが、正村に未熟と称されて...

登場作品

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台...