草加 拓海

ジパング(漫画)の登場人物。読みは「くさか たくみ」。別称、草加。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジパング(漫画)
正式名称
草加 拓海
ふりがな
くさか たくみ
別称
草加

総合スレッド

草加 拓海(ジパング)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

もう1人の主人公というべき存在。大日本帝国海軍に所属する軍人で、ミッドウェー海戦にて、飛行機を撃墜されるが、角松によって命を救われる。愛国心が強く、みらいの艦内で日本が敗北する未来を知り、その歴史を変えるため、大日本帝国海軍の軍人ではなく1人の日本人として行動を開始。戦後日本とも異なる新たな日本・ジパングを作るため、山本五十六、石原莞爾、滝栄一郎といった優秀な人材を取り込みつつ、世界で初の原子力爆弾を作り出そうと暗躍する。

目的のためには手段を選ばないが、みらいのクルーに対しては親しみに近い感情を抱いており、中でも自身の計画を遂行する上で最大の障害となる角松のことを、自分をもっとも理解する人間として認識している。

開戦前には、駐英武官補としてイギリスに滞在していた時期もあり、その際には英国軍士官に日本のお守りをプレゼントしている。

登場作品

海上自衛隊の誇る最新鋭のイージス艦みらいは、新日米ガイドラインによる海外派遣に向かう途中、突如巻き起こった嵐に巻き込まれて落雷を受け、ミッドウェー海戦直前の太平洋戦争の時代へとタイムスリップする。目の...