草加 竜之進

カムイ伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「くさか りゅうのしん」。別称、笹 一角。

  • 草加 竜之進
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ伝 第二部(漫画)
正式名称
草加 竜之進
ふりがな
くさか りゅうのしん
別称
笹 一角

総合スレッド

草加 竜之進(カムイ伝 第二部)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

普段は、かつて苦難を共にした笹一角の名前を使っている。宮城音弥冬木道無と娘のアヤメと知り合ったことから、しだいに幕閣の動きとかかわっていく。音弥とは念者の契を結んだ。アヤメを妻として、医者になるべく長崎を目指す。

登場人物・キャラクター

貧乏御家人の家に生まれるが、聡明かつ勤勉。自分の性根を認めてくれた草加竜之進を慕い、念者の契を結んだ。冬木道無の力により、旗本青木美濃守の小姓となり、さらには徳川四代将軍の徳川家綱に重用された。剣の天...

関連キーワード

漁業が発展中であり、住み場所を追われた無宿留の人々の新天地となる。黒鍬衆頭の庄左ヱ門となった正助と、サスケや草加竜之進が再会した。正助たちが、干拓事業に従事している。

登場作品

徳川幕府の四代将軍徳川家綱の治世。自然界でも人間界でも、生きるための戦いが続いていた。日置大一揆を経て、道を求める草加竜之進。新たな理想を目指す正助。彼らを陰から助けるカムイ。老中酒井忠清の野望にかか...