草壁皇子

草壁皇子

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「くさかべのみこ」。

登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
草壁皇子
ふりがな
くさかべのみこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

鵜野讃良皇女が大海人皇子との間にもうけた、跡継ぎ。小さい頃から体が弱くてよく熱を出していたことや、武芸が苦手で美しいものを愛でる優しい性格であったことなどから、祖父の天智天皇からは、母である讃良ではなく、祖母の遠智娘とそっくりだと評されていた。偉大な両親に恥じぬようにと勉学に励み、その実力は十分に評価されていたが、父である天武天皇の血を濃く受け継いでいる大津皇子と比較され、皇太子にふさわしくないと陰口を叩かれることも多く、繊細な心を痛めている。

幼い頃から想いを寄せていた、天智天皇と姪娘の娘である阿閇皇女と結婚し、娘の氷高皇女と息子の珂瑠皇子を授かる。

歴史上の実在の人物、草壁皇子がモデル。

登場作品

天上の虹

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し... 関連ページ:天上の虹

SHARE
EC
Amazon
logo