草摩 楝

草摩 楝

フルーツバスケット(漫画)の登場人物。読みは「そうま れん」。草摩慊人とは親族関係にある。

登場作品
フルーツバスケット(漫画)
正式名称
草摩 楝
ふりがな
そうま れん
関連商品
Amazon 楽天

概要

草摩慊人の実の母親。子供の面倒を見ることはなく、また病弱なため、普段は奥の間にいる。草摩家では、慊人に次ぐ権力の持ち主。慊人との仲は悪く、話し合いを持ちかけられても拒否するほど。また、一部の十二支の物の怪憑きに対しても冷たくあしらっている。夫であり故人の草摩晶をいつまでも愛しており、時には異常な執着心を見せることも。

関連人物・キャラクター

草摩慊人

草摩家の当主にして、十二支の物の怪憑きにとっての神といえる存在。母親の命令で男として育てられたが実は女性。その事実は草摩家の人物でも一部しか知らない。自分と十二支の物の怪憑きが呪いの力で結びついている... 関連ページ:草摩慊人

登場作品

フルーツバスケット

母親を事故で亡くし住む場所を失った主人公・本田透は、同級生の草摩由希の分家宅に居候することになる。ところが草摩家の一族には、異性から抱きつかれると憑かれている獣へ変身してしまう、十二支の物の怪憑きとい... 関連ページ:フルーツバスケット

SHARE
EC
Amazon
logo