草薙 沙羅

天使のツラノカワ(漫画)の登場人物。読みは「くさなぎ しゃら」。阿木龍世とは親族関係にある。

  • 草薙 沙羅
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天使のツラノカワ(漫画)
正式名称
草薙 沙羅
ふりがな
くさなぎ しゃら

総合スレッド

草薙 沙羅(天使のツラノカワ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

曹洞宗の寺院の一人娘で阿木龍世の姪。黒髪ロングヘアの美女。龍世のことが好きで叶わない恋愛のストレスを紛らわすために、彼女のいる男と肉体関係を持っては周りの女性の恨みを買っている。篠原美花の彼氏とも浮気をし、美花にとっては不幸の元凶のような存在で、顔を合わせる度にケンカをしている。

登場人物・キャラクター

作家やモデル、演出家などマルチな才能を発揮する32歳。自身の体験を元にした処女小説『カルナバルが終ったら』が新人賞を受賞し映画化されるが、小説はここ5年ほど書いていない。偶然知り合った篠原美花を10万...

登場作品

敬虔なクリスチャンだった篠原美花は神を信じて慎ましく生きてきた。しかし恋人の浮気、けが、空き巣などのさんざんな目に遭い、神様はいないこと悟る。そんな美花の前に現れた龍世、紫生、沙羅の3人の男女によって...