荒巻 大輔

イノセンス(アニメ映画)の登場人物。読みは「あらまき だいすけ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イノセンス(アニメ映画)
正式名称
荒巻 大輔
ふりがな
あらまき だいすけ

総合スレッド

荒巻 大輔(イノセンス)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

2032年の日本の治安機関公安9課のリーダー。肩書きは部長。政府や他の機関にも豊富な人脈と政治手腕で渡り合う切れ者だったが、高く評価していた部下の草薙素子の失踪後はすっかり覇気を無くしている。

女性型愛玩用アンドロイドであるガイノイドタイプ2052・ハダリ暴走事件を捜査するバドーのパートナーに、義体化したサイボーグではないトグサを任命した。

登場人物・キャラクター

新浜県警刑事部の特捜刑事。マムロ中佐殺害事件を追っていたが、上層部からの圧力で捜査ができず苛立っていた。
陸軍特課501機関に所属する完全義体サイボーグ。階級は三佐。上官であり恩師でもあるマムロ中佐の死の真相を知るべく、単独で事件を追い始める。
『イノセンス』に登場するロボット。女性型アンドロイドのこと。ロボットメーカーロクス・ソルス社は、その愛玩用機種であるタイプ2052・ハダリを製造、販売し、好評を得ていた。
2032年の日本の治安機関公安9課の刑事。全身のほとんどを機械に置き換える義体化をしているサイボーグであり、センサー搭載の義眼や人間以上の力を発揮する人口筋肉などを装備している。無口で冷静沈着だが、内...
『イノセンス』に登場するロボット。日本北部の択捉経済特区に本拠地のあるロボットメーカーロクス・ソルス社が生産している愛玩用女性アンドロイドであるガイノイド。少女の姿をしており、密かに性器を有する高性能...

関連キーワード

公安9課
『イノセンス』に登場する技術。2032年の世界において、人間の肉体を機械化する技術の総称。バドーを初め、多くの人間がこの処置を受けてサイボーグとなっている。

登場作品

実用化された様々なロボットが社会に定着し、多くの人間が機械化、電脳化されている2032年の日本。女性型アンドロイドであるガイノイドが暴走し、人間を殺す事件が連続して発生した。日本政府の治安機関公安9課...