荒木 健豪

荒木 健豪

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「あらき けんごう」。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
荒木 健豪
ふりがな
あらき けんごう
関連商品
Amazon 楽天

概要

四代目陴威窠斗幹部。喧嘩自慢の巨漢。武器はメリケンサックを愛用している。五代目の跡目を巡る「一年戦争」では有力候補の一人だった。渥美政成を倒した勢いに乗った内海鄭司に重症を負わされ、長らく入院していた。抗争では復帰し、ケンエーらと内海を追い詰めた。その後鎖国島へと渡り、西側の一員となる。

手慰みに寄生族に暴力を振るうなど凶暴な性質だったが、ドングリマナコに重症を負わされた際に富田朝子に助けられ、少し人間が丸くなった。

登場作品

女神の鬼

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo