荘丹

達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)の主人公。読みは「そうたん」。別称、大法螺吹き。

  • 荘丹
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
達人伝 -9万里を風に乗り-(漫画)
正式名称
荘丹
ふりがな
そうたん
別称
大法螺吹き

総合スレッド

荘丹(達人伝 -9万里を風に乗り-)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

王宮衛士を務める若い男性。のちに「丹の三侠」の一人となる。前髪を上げて額を全開にし、肩につくほど伸ばした長い黒髪を一部お団子にしてまとめている。度胸の据わった落ち着いた性格で、弁舌に優れ、言葉を用いた交渉を大の得意としている。そのため玄信をはじめ周囲には「大ボラの達人」と呼ばれていた。目の前で琰王を殺されてなお屈さなかった荘丹の勇気を買った朱涯と、9年間祖国を守ってもらう代わりに秦国に対抗できる達人たちを結集するという約束をする。

荘子の孫にあたるが、荘子の偉業についてはほぼ知らず、彼から唯一教わった生きる極意である深呼吸「大呼吸」を大切に生きている。

登場作品

作品誕生のいきさつ王欣太は、コミックスのカバー折り返しにある作者コメントにて、本作『達人伝 -9万里を風に乗り-』誕生のいきさつについて語っている。当初、「漫画アクション」編集者に執筆を依頼されたのは...