荻生三郎

荻生三郎

水鏡綺譚(漫画)の登場人物。読みは「おぎゅう さぶろう」。荻生二郎 頼兼とは親族関係にある。

登場作品
水鏡綺譚(漫画)
正式名称
荻生三郎
ふりがな
おぎゅう さぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

荻生二郎頼兼の母親の違う弟。無骨な兄と違い、学問に秀でた女子のような若者だった。初陣の際、父親から家宝の鎧を賜ったことで兄・二郎に嫉妬され、自害を強要され果てる。数十年後、ワタル鏡子の前に霊となって現れたが、それは兄を恨んでのことではなく、恨んでいないことを告げたいがゆえのことであった。

ワタルは三郎の足の骨から骨笛を作り、それを吹くことで、三郎の思いを年老いた二郎に伝えた。

関連人物・キャラクター

荻生二郎 頼兼

かつては国一番の豪の者だった老人。母親の違う弟・三郎が家宝の鎧を得たことに嫉妬し、自害においやった過去がある。そしてその罪を悔やみ、弟の命日に施行を行うようになった。ワタルが三郎の骨から作った笛を吹いたことで、三郎が自分を恨んでいないことを知り、心安らかに息を引き取る。

登場作品

水鏡綺譚

狼に育てられ、法力を得た少年ワタルが、記憶を失った少女鏡子(かがみこ)の戻るべき家を探して、不思議な旅をする中世説話ロマン物語。雑誌連載が打ち切りとなり、長く未完のままだったが、12年の時を経て最終章... 関連ページ:水鏡綺譚

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ワタル
鏡子
護法童子
logo