菅原 耕太郎

菅原 耕太郎

そこをなんとか(漫画)の登場人物。読みは「すがわら こうたろう」。

登場作品
そこをなんとか(漫画)
正式名称
菅原 耕太郎
ふりがな
すがわら こうたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

菅原耕太郎法律事務所所長。改世楽子とキャバクラで知り合い、司法試験に合格した就職難民の楽子を雇い入れた。よく楽子には「社長」と呼ばれている。温厚な人柄で、口が堅い。人が良いため、値切り交渉に弱く、あまりお金にならない国選ばかり担当する。元々大学の助教授で、5年以上法律学を教えていたため、司法試験を受けずに弁護士資格を取得。

妻に先立たれ、息子が二人いる。

関連人物・キャラクター

改世 楽子

底抜けに明るく素直で押しの強い25歳。家が貧乏だったため、奨学金をもらい、キャバクラで働きながら、法科大学院(ロースクール)に通う。司法試験になんとか合格するが、弁護士就職難のため、キャバクラで知り合... 関連ページ:改世 楽子

関連キーワード

菅原耕太郎法律事務所

菅原耕太郎が所長を務める零細事務所。大手の事務所を辞めざるを得なかった東海林弘明に「一緒に弁護士事務所をやろう」と菅原が誘い、開設した事務所。改世楽子が入所し、弁護士3人と事務員1人が所属する。決して儲かっているとはいえず、弁護士報酬が遅れると、給与も待たなければならない。

登場作品

そこをなんとか

新司法試験で合格した新米弁護士の改世楽子が、菅原耕太郎法律事務所に入所し、先輩の敏腕弁護士、東海林弘明の指導を受けながら、弁護士として奮闘する姿をテンポ良く、コメディタッチに描く。受任した案件を通して... 関連ページ:そこをなんとか

SHARE
EC
Amazon
logo