菅野大尉

菅野大尉

紫電改のタカ(漫画)の登場人物。読みは「かんのたいい」。

登場作品
紫電改のタカ(漫画)
正式名称
菅野大尉
ふりがな
かんのたいい
関連商品
Amazon 楽天

概要

台湾・高雄基地帝国海軍第七○一飛行隊にて滝城太郎たちと出会う。その後、フィリピン・レイテ島から横須賀基地へ帰還。松山三四三航空隊、通称剣部隊飛行隊長となるが、戦死。実在の人物で太平洋戦争における撃墜王の菅野直がモデル。

関連人物・キャラクター

滝城太郎

四国・松山出身。台湾・高雄基地帝国海軍第七○一飛行隊に一飛曹として新入隊。降下後上昇し敵を真下から攻撃する逆タカ戦法で敵を撃墜。松山三四三航空隊松山基地にて紫電改に搭乗し、呉での戦果が認められ兵曹長に... 関連ページ:滝城太郎

白根少佐

台湾・高雄基地帝国海軍第七○一飛行隊隊長。滝城太郎の着任後、翌朝出撃し戦死。前日の滝と紺野の喧嘩の勝敗に、山本五十六から授かった軍刀を賭ける。その賭けには負け、軍刀は菅野大尉に譲られる。 関連ページ:白根少佐

関連キーワード

松山三四三航空隊

太平洋戦争での日本海軍戦闘機部隊。開戦後の通称初代隼隊、二代目が通称剣部隊。優秀な搭乗員と紫電改を中心に日本本土決戦の中、終戦まで戦った部隊。 関連ページ:松山三四三航空隊

登場作品

紫電改のタカ

太平洋戦争末期、台湾の高雄基地帝国海軍第七○一飛行隊へ配属になった滝城太郎は、そこで紺野一飛曹、久保一飛曹、米田一飛曹たちと出会う。飛行隊は4人を残し戦死。滝城太郎は紫電改のテストパイロットとして横須... 関連ページ:紫電改のタカ

SHARE
EC
Amazon
logo