菩薩掌

菩薩掌

修羅の門(漫画)に登場する技。

登場作品
修羅の門(漫画)
正式名称
菩薩掌
ふりがな
ぼさつしょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

片山右京のオリジナル技で、一見、相手の頭を両掌で軽く挟んだだけのように見える。だがその際に僅かな隙間を空けることで、相手の脳が一瞬のうちに数千から数万回振動されるという。まともに受けた場合、相手の顔中の穴から血が噴出して倒れる。攻撃だけでなく、龍破のかまいたちを相殺する時にも使用された。

関連人物・キャラクター

片山 右京

神武館のライバル団体に所属する、美貌の空手家。天才的な格闘センスと動体視力を備え、空手未経験の時点で有段者を圧倒した。何事にも真剣になれない冷めた男だったが、陸奥九十九に感化され、次第に真の実力を目覚めさせる。九十九の奥義さえ見切りで破るが、最後は激しい乱打戦の末に敗れた。

登場作品

修羅の門

千年の歴史を持つ古武術陸奥圓明流を継承した少年陸奥九十九の活躍と、そんな九十九に感化された格闘家たちの戦いぶりを描く。神武館への道場破りを描いた「第一部」、神武館主催の異種格闘技戦大会を主舞台とした「... 関連ページ:修羅の門

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
登場作品
修羅の門
logo