華中華(ハナ・チャイナ)

徳島から上京した料理人見習いの中村華子は、横浜の関帝廟で出会った楊貴妃の幽霊を相棒に、大手中華レストランで修業しつつ、小さな中華料理屋上海亭で料理人としてチャーハンを作る二重生活を送るようになる。1~3話程度の短いエピソードで、華子が上海亭でチャーハン作りを通じて人助けをしたり、トラブルを解決していくさまがハートウォーミングに描かれる。作中に登場したチャーハンは実際に原作者が作ったもので、単行本にはそのレシピも掲載されている。なお、原作者の死去にともない未完となっている。

  • 華中華(ハナ・チャイナ)
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
華中華(ハナ・チャイナ)
作画
原作
ジャンル
中華料理
 
レシピ紹介
レーベル
ビッグコミックス(小学館)

総合スレッド

華中華(ハナ・チャイナ)(漫画)の総合スレッド
2016.07.27 13:23

新着関連スレッド

有田(華中華(ハナ・チャイナ))の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:23
島野 敏郎(華中華(ハナ・チャイナ))の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:23

新着関連スレッドもっとみる

概要

徳島から上京してきた中村華子は横浜の関帝廟に参拝したさい、「村一番の料理人になる」という夢をおもしろく感じた楊貴妃の幽霊と行動を共にするようになる。華子は大手中華レストラン満点大飯店で働くも、下働きばかりで料理ができない日々をすごすなか、楊貴妃の導きで老夫婦が営む小さな中華料理屋上海亭に赴く。

料理人からの引退を考えていた主人は華子の腕を見込んで、使い込んだ鍋と厨房を貸し、華子は昼休みの間だけ上海亭でチャーハンを作る生活が始まる。華子の明るく誠実な人柄と、独創的なアイデアから生まれるさまざまなチャーハンは多くの人々の心を打ち、上海亭はおおいに繁盛する。やがて、上海亭に野菜を卸していた農家の斎藤康彦と結婚して公私ともに充実する華子だが、レシピ泥棒有田の暗躍や、上海亭で働いていることが満点大販店のオーナーに露見したこともあり、華子は満点大飯店を退職。

上海亭の専属料理人として腕を振るうようになる。

登場人物・キャラクター

主人公
村一番の料理人になるという夢を持って徳島県から横浜に上京してきた料理人見習いの女性。優しく、行動力のある性格をしており困っている人を見過ごすことができない。関帝廟に成功を祈願した際、その願いを聞いた楊...
古代中国皇妃の幽霊。美味しいものが大好きで、死後も現代まで幽霊として過ごしてきた。一大中華街である横浜の関帝廟で、村一番の料理人になりたいとスケールの小さな願いを祈願した中村華子を気に入り、彼女につい...
中村華子が住むアパートの管理人をやっている老人。華子には秘密にしているが、彼女の大叔父であり、華子の働く満点大飯店の前オーナー。横浜中華街をよりよくしたいという想いを持っており、かつて楊貴妃と共に行動...
神奈川県三浦半島の農家の跡取り息子。中村華子の働く上海亭の野菜を卸している。上海亭の老夫婦のすすめで華子と見合いをして、彼女を大いに気に入る。当初は、華子がまず料理人として成長したいと考えていたため、...
横浜中華街で中華料理屋上海亭を営んでいる老夫婦。作中で名前は明かされていない。主人が長年使ってきた大鍋を振れなくなったことから店じまいを考えていたが、楊貴妃が連れてきた中村華子の鍋さばきを見て、料理す...
満点大飯店前オーナー中村竹三郎の娘で、現オーナー富永計太郎の妻。中村華子が入店した時は海外旅行に出ており不在だったが、のちに店に戻って経営に手腕を発揮するようになる。現実主義的な性格をしておりコスト管...
満点大飯店の現オーナー。取引先など目上の存在には媚びへつらう、その場の思いつきで行動してしまうなど少々フラフラした性格の持ち主で、トラブルの部下を中村華子などに丸投げすることもある。妻である富永奈可子...
楊貴妃の末裔を自称する上海の富豪の令嬢で、視察と称して満点大飯店に滞在するようになる。建前上は料理人見習いだが、まったく働かずすぐに遊びや買い物に出かけてしまうため、お目付け役として年の近い中村華子が...
中村華子よりも後で満点大飯店にやってきた料理人。腕は確かでリーダーの素質も兼ね備えており、満点大飯店の厨房をまとめあげる。その外見と料理にはファンも多く、特に主婦層の支持が高い。いわゆるおネエで、喋り...
横浜銀河楼飯店の料理人。名前は明らかになっていない。かつて島野敏郎と同じ店で料理人として働いていた時、島田の開発した新レシピを盗んで功績を自分のものとして以来、他店のレシピを盗んで自分の店で出すように...