華玉

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「かぎょく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
華玉
ふりがな
かぎょく

総合スレッド

華玉(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

五丈四天王のひとりである玄偉の腹心。誰もが認める美女だが、それだけでなく優れた頭脳も併せ持つ才女。また、比紀弾正の相談役であった李張道士の弟子でもあり、道士としての術も心得ている。竜我雷が、主の覇業の最大の障害になることを早くから危惧しており、梨扇を刺客として送り込むなどした。

が、玄偉の正体を知った後は、竜我雷の陣営に降り、大覚屋師真の右腕としてその才覚を発揮。

登場人物・キャラクター

比紀弾正が誇る五丈四天王のひとり。元々は神聖銀河帝国の将軍だったが、帝国の崩壊を食い止めることは不可能と考え、早々に比紀弾正に降る。優れた政治・戦略手腕の持ち主として知られていた彼の投降は帝国側にとっ...
南京楼の豪商・大覚屋の長男。史書、経書、兵法、天文、医学などあらゆる学問に通じる全銀河屈指の天才戦略家だが、普段は酒と女に溺れる日々を過ごし、その力量を隠している。彼の本性を知る各国の要人はこぞって彼...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。首都星は武王都。神聖銀河帝国崩壊後に比紀弾正が一代で築き上げた国で、銀河北天のほぼ全域に及ぶ広大な領土を誇る。比紀弾正が没した後は、麗羅を傀儡に立てた骸羅が実権を...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...