落盤

落盤

鉱山の竪穴という閉鎖空間の中で、過去に起きた落盤事故をめぐり2人の男が繰り広げる心理劇を描く。1959年9月15日発行の「X」第3号に掲載された作品。

正式名称
落盤
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
レーベル
手塚治虫漫画全集(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ある鉱山の竪穴の中に2人の男がいた。若い方の男、大村が突然に、前に貸した金を返して欲しいと言い出す。言われた前橋は覚えがないと答え、大村はあなたの記憶なんてそんなものだと馬鹿にする。頭に来た前橋は、自らの記憶力を証明しようと20年ほど前に起きた落盤事故の思い出を語り始める。しかし大村は、同じ事故について語った録音テープや新聞記事を出してきて、少しずつ話の内容が違うと追究し、前橋を追いつめていく。

登場人物・キャラクター

大村

鉱山の竪穴の中で、鉱山長の前橋に貸した金を返してくれるように迫る。覚えがないと答えた前橋を挑発するようにして、昔の思い出話を引き出す。20年ほど前に起きた落盤事故に関する資料をいくつも持っており、記録された前橋の発言の違いを指摘して追いつめる。

鉱山の竪穴の中で、突然大村から金を返すように求められる。記憶の曖昧さを馬鹿にされて腹を立て、自分の記憶力を証明しようと20年ほど前に起きた落盤事故の話をする。事故で死者を出してしまったことを新聞や週刊... 関連ページ:前橋

石井

20年ほど前に鉱山の竪穴で起きた落盤事故で命を落とした男。前橋が事故に関して受けた取材で残した証言の中で、石井に関する部分が毎回異なっている。死の間際に、自分の死の真相を書いたメモを残した。

SHARE
EC
Amazon
logo