葛の葉

変身忍者 嵐(漫画)の登場人物。読みは「くずのは」。童子丸とは親族関係にある。

  • 葛の葉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
変身忍者 嵐(漫画)
正式名称
葛の葉
ふりがな
くずのは

総合スレッド

葛の葉(変身忍者 嵐)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

血車党の狐の化身忍者。九の一。化身忍者となるための修行時代、狐の姿で怪我をした時助けてくれた農民に恋をし、その後その男の女房となった。童子丸という子供ももうけ幸せに暮らしていたが、ハヤテが現れたことから戦いに巻き込まれていく。「九尾分身」「葛がらめ」といった忍法を使う。

人形浄瑠璃及び歌舞伎の演目「芦屋道漫大内鑑」の狐・葛の葉をモチーフとしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

血車党の化身忍者葛の葉の息子。母をハヤテに殺された。名前の由来は、人形浄瑠璃及び歌舞伎の演目「芦屋道漫大内鑑」の安倍晴明の幼名童子丸から。

関連キーワード

『変身忍者 嵐』に登場する忍者組織。魔神斎を首領と仰ぎ、実際の指揮は副首領の骨飢身丸がとる。徳川幕府治める世を良しとせず、化身忍者の力をつかって人々を支配しようと目論む。ハヤテの父嵐鬼十もかつては血車...

登場作品

時代は江戸時代初期。ハヤテは悪の忍者集団血車党に父を殺されてしまう。化身の術を使い変身忍者嵐となったハヤテは、血車党の野望を打ち砕くため、血みどろの戦いを続けていく。