葛岐 安柘

八雲立つ(漫画)の登場人物。読みは「かつらぎ あつみ」。

  • 葛岐 安柘
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八雲立つ(漫画)
正式名称
葛岐 安柘
ふりがな
かつらぎ あつみ

総合スレッド

葛岐 安柘(八雲立つ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

瀬戸内海の斎島で斎女を務める葛城家の次女。神事顕斎儀の祭主として、半ば騙される形で招かれた布椎闇己の味方として動き、闇己の信頼を得る。またのちに、斎島の隣島である鳴雲島の祠に祀られていた神剣沫那美の情報をもたらし、闇己七地健生宗像海都波に引き合わせた。

闇己を補助する巫覡の1人でもある。

登場人物・キャラクター

『八雲立つ』の主人公の一人。16歳で布椎一統と布椎神道流居合道の第15代宗主となった少年。素戔嗚の怨念昇華が悲願。道返神社の結界を神剣・水蛇に守らせたあと、東京の叔父の家に身を寄せ、七地健生と行動を共...

登場作品

演劇「八雲立つ」の舞台構想を練るための取材に同行した大学生七地健生は、取材先の道返神社で、素戔嗚の怨念昇華を悲願として生きる巫覡布椎闇己と出会う。だが、悲願の達成には、闇己を補助する巫覡と、力の増幅器...