葛飾 北斎

葛飾 北斎

狂人関係(漫画)の登場人物。読みは「かつしか ほくさい」。

登場作品
狂人関係(漫画)
正式名称
葛飾 北斎
ふりがな
かつしか ほくさい
関連商品
Amazon 楽天

概要

「富嶽三十六景」などの作品で高名な浮世絵師の老人。妻お琴はすでに亡く、出戻りの三女お栄と長屋で二人暮らしをしている。大名や有名な役者から絵の依頼が来ても、気に入らなければ描かなかったり、幾度も引越しを繰り返したりしているため、生活はやや苦しい。版元の蔦谷重三郎にはすでに時代遅れになり始めているのだから仕事をすべきだと釘を刺されているが、七年越しの作品「富嶽三十六景」の次に何を描くべきか悩んでいる。

滝沢馬琴とは、若い頃は芸術論等を戦わせていたこともあるが、今は主に世間話をする茶飲み友達となっている。江戸時代の実在の人物葛飾北斎をモデルとしたキャラクター。

登場作品

狂人関係

江戸時代後期、浮世絵師・葛飾北斎の弟子捨八は、枕絵で多少名を上げているものの、安定収入を得るほどではなく、扇絵などを描いて糊口をしのぐ生活をしていた。そんな彼を慕う北斎の娘お栄や、八百屋お七といった女... 関連ページ:狂人関係

SHARE
EC
Amazon
logo