董藤 卓也

太陽の黙示録(漫画)の登場人物。読みは「とうどう たくや」。

  • 董藤 卓也
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太陽の黙示録(漫画)
正式名称
董藤 卓也
ふりがな
とうどう たくや

総合スレッド

董藤 卓也(太陽の黙示録)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

北日本国を支配する七星会の会長にして、表向きは北日本国衆議院議長。日本大震災前は柳拓磨の派閥で力をつけ金庫番として資金集めに腕を振るったが、金権政治への執着や強引さから拓磨には危険視されていた。自衛隊とも繋がりを持っており、クーデターを起こさせて旧体制の要人を一掃し、同時に自ら調停役となって国民の支持を集めた。

天性の残忍性と、日本に対する憎悪を備えており、南北の日本を独裁する野心を遂行しようとするも、目的半ばにして部下の勝呂奉一により射殺された。

関連キーワード

日本大震災によって分断された北海道、東北、北関東、中部地方を含む土地。「ノースエリア」と呼ばれる。震災時に政府が避難した札幌が首都となる。柳拓磨の要請で中国がいち早く援助に入るも、そのため事実上中国に...
『太陽の黙示録』に登場する組織。会長の董藤卓也以下、北日本国の政治家、官僚、財界人、自衛隊幹部で構成され、中国共産党、中国軍幹部の後ろ盾を持つ。日本大震災後の北日本を実質的に統治するグループだったが、...

登場作品

2002年、日本大震災によって日本は、本州が東西に分断されてしまう。少年柳舷一郎は出会った大人、坂巻五郎と協力して避難の旅に出る。そして15年後、記憶を失い台湾で暮らしていた舷一郎は、現地で日本人と台...