蓮

バケモノの子(漫画)の主人公。読みは「れん」。別称、九太。

登場作品
バケモノの子(漫画)
正式名称
ふりがな
れん
別称
九太
関連商品
Amazon 楽天

概要

物語の開始時は9歳の少年。両親の離婚後、母親と暮らしていた。母親が死亡したことにより親戚に引き取られそうになるが、これを嫌って家出。渋谷の街をさ迷い歩くうち、異世界・渋天街へと迷い込む。孤立無援で戦う熊徹に自分の姿を重ね合わせてからは、弟子入りを志願し、その剣技を学んでいく。

異世界の渋天街で卵の賞味期限を気にし、熊徹に個人情報だからと名前を明かさない現代っ子気質。ナーバスだが我を曲げることがない。強くなる手始めとして、苦手な生卵を吐きながら食べるなど、一度決意したら後には引かない強さを持つ。熊徹とは本音を言い合う親子のような関係になり、あからさまに態度には表さないものの、彼のことを慕う。

登場作品

バケモノの子

母を喪い、帰る場所を無くした少年・蓮は、渋谷の街をさまよい歩くうち、バケモノの住む異世界である渋天街に迷い込んでしまう。粗暴だが気のいいバケモノ・熊徹に引き取られ、九太と名付けられたが、熊徹との生活は... 関連ページ:バケモノの子

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
熊徹
猪王山
一郎彦
次郎丸
百秋坊
多々良
宗師
集団・組織
バケモノ
場所
渋天街
logo