薄衣

薄衣

一の食卓(漫画)の登場人物。読みは「うすぎぬ」。

登場作品
一の食卓(漫画)
正式名称
薄衣
ふりがな
うすぎぬ
関連商品
Amazon 楽天

概要

新島原にある遊郭・千成屋の呼び出し昼三(最も位の高い遊女)。元々は京 島原の「硯屋」の太夫だが、両妓楼の主人が親戚の間柄であることから、1年限りの約束で千成屋に出向している。口減らしのため、6歳の時に島原に売られた。公卿の愛宕通旭を上客として持ち、身請を申し出られている。

美しく、太夫としてのプライドを持った女性。

登場作品

一の食卓

明治時代初期、1872年ごろの東京、築地外国人居留地を舞台に、上野戦争の戦災孤児でパン焼き職人の少女・西塔明。彼女は岩倉具視の頼みにより、斎藤一と共に働くこととなる。しかし、斎藤一は西郷隆盛や川路利良... 関連ページ:一の食卓

SHARE
EC
Amazon
logo