薔薇の精

薔薇の精

牧神の午後(漫画)に登場する作品。

登場作品
牧神の午後(漫画)
正式名称
薔薇の精
関連商品
Amazon 楽天

概要

フォーキン振り付けによるバレエ作品。1911年、モンテ・カルロ歌劇場にて初演。ニジンスキーの代表的な演目である。音楽はカール・マリア・フォン・ウェーバーの「舞踏への勧誘」のエクトール・ベルリオーズ編曲版が使われた。薔薇の精の相手となる少女役はタマーラ・カルサーヴィナが踊った。

登場作品

牧神の午後

20世紀初頭。ロシア・バレエを代表するとともにモダン・バレエの元祖でもある伝説のバレエ・ダンサーヴァーツラフ・ニジンスキーの成功と苦悩を、振付家ミハイル・フォーキンの視点から描く。 関連ページ:牧神の午後

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
牧神の午後
logo