薙切えりな

食戟のソーマ(漫画)の主人公。読みは「なきりえりな」。別称、えりな。幸平創真とはライバル関係。薙切仙左衛門とは親族関係にある。

  • 薙切えりな
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
食戟のソーマ(漫画)
正式名称
薙切えりな
ふりがな
なきりえりな
別称
えりな

総合スレッド

薙切えりな(食戟のソーマ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

『食戟のソーマ』のヒロインの一人。遠月学園の高等部一年生であり、総帥薙切仙左衛門の孫娘。十傑遠月学園史上最年少で入り、席次は第十席。鋭敏な味覚と感性は「神の舌」とまで呼ばれており、日本中の名店から味見役を依頼されている。遠月学園の編入試験を任され、そこで出会った幸平創真を敵視するようになるが、内心その料理を認めてもいる。

過去に幸平城一郎と出会った事があり、その素性も知らぬまま一方的な憧れを抱いている。

登場人物・キャラクター

遠月学園の総帥にして、薙切えりなと薙切アリスの祖父。「日本の料理界を牛耳る首領」「食の魔王」などと呼ばれる威厳に満ちた老人で、遠月学園生の大部分を「1%の玉を磨くための捨て石」と言い放つ。料理の評価は...
大衆食堂「ゆきひら」で幼少期から料理の腕を奮ってきた。父の城一郎によって料理人を育成する遠月学園に編入し、そこで料理人としての腕を磨く。マイペースな性格で誰にでも気がねなく接するが、料理勝負においては...

関連キーワード

『食戟のソーマ』に登場する組織。遠月学園の学内評価が上位10名の生徒たちによる委員会で、いわゆる生徒会に近いが、組織図的には総帥の直下にあり講師陣ですら十傑の総意には従わざるを得ない。十傑個々人にも強...
『食戟のソーマ』の主な舞台となる学校。優れた料理人を育成することを目的とした中高一貫校であり、殆どは中等部からの内部進学者が占め、幸平創真のような高等部からの編入はまれ。一流レストランや高級料亭の子息...

登場作品

定食屋「食事処ゆきひら」の跡取り息子・幸平創真は、父の幸平城一郎から遠月茶寮料理學園に入学するよう言い渡された。遠月学園は優れた料理人を作り上げるための超エリート校で、入学した創真は場違いな存在として...