薩摩藩の武士

薩摩義士伝(漫画)の登場人物。読みは「さつまはんのぶし」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
薩摩義士伝(漫画)
正式名称
薩摩藩の武士
ふりがな
さつまはんのぶし

総合スレッド

薩摩藩の武士(薩摩義士伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

宝暦治水のために美濃に到着し、村を見回っていたところ、上村と下村の排水を巡る争いに巻き込まれ、これを治めるために、切腹を行った。作付けできる田畑に二つの村が平等に耕作を行うよう願い、これが受け入れられ、争いは納まり、農民の手により医者の元に運ばれた。半年後には傷が癒え、治水工事に従事したという。

作中で名前は明らかにされていない。

関連キーワード

『薩摩義士伝』に登場する治水工事。濃州・勢州・尾州にまたがる木曽川・長良川・揖斐川の三大河川の治水を行うよう、幕府より薩摩藩に命じられ、行われた。この工事の出費により、薩摩藩を困窮させようという、幕府...

登場作品

薩摩藩は幕府より濃州・勢州・尾州にまたがる木曽川・長良川・揖斐川の三大河川の治水を行うよう命じられる。多額な費用、および人足が拘束されることにより薩摩藩の弱体化を狙っているとも思われるこの幕命に、倒幕...