薫

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「かおる」。別称、薫の中将。光源氏とは親族関係にある。

登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
ふりがな
かおる
別称
薫の中将
関連商品
Amazon 楽天

概要

表向きは光源氏の息子ということになっているが、実は柏木の息子。母は女三の宮。生まれながらにして芳しい香りをまとっていることから「薫」と呼ばれる。幼い頃に自分が光源氏の本当の子ではないと知り、そのため自らのアイデンティティについて悩み続け、仏道に救いを求めている。

仏道に造詣の深い八の宮から教えを請うている関係で八の宮の娘、大君中の君のことを知り、次第に姉・大君へ惹かれていく。自分の出自がわからないことから、恋愛については興味がなく無関係だという風を装い、匂の宮に揶揄されていたが、大君と出会うことで恋心を認め、自分自身の変化を知ることとなる。

関連人物・キャラクター

大君

光源氏の異母兄である八の宮の娘。同じく娘である中の君の姉。都を離れ、宇治の地で中の君とともに慎ましく暮らしていたが、八の宮の元へ薫が通うようになり、見初められる。儚げで奥ゆかしい美しさを持ち、物静かさ... 関連ページ:大君

光源氏

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様... 関連ページ:光源氏

登場作品

あさきゆめみし

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人... 関連ページ:あさきゆめみし

SHARE
EC
Amazon
logo