藤井 雅斗

なぎさMe公認(漫画)の主人公。読みは「ふじい まさと」。

  • 藤井 雅斗
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
なぎさMe公認(漫画)
正式名称
藤井 雅斗
ふりがな
ふじい まさと

総合スレッド

藤井 雅斗(なぎさMe公認)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

『なぎさMe公認』の主人公の1人。初登場時は高校1年生。神奈川県出身で地元の鎌倉海邦高校に入学し、母・藤井佳奈恵が顧問を務める陸上部に入る。中学時代は短距離(100m)の選手で、兄で天才スプリンターの藤井隼人と共に400mリレー競技で全国大会に出場するが、本番で大きなミスを犯してしまう。

高校入学後も100mで優秀な記録を刻むが、コーチに就任した飯塚の勧めにより、中距離(800m)に転向する。亡くなった兄・藤井雅斗を追いかけてきたことから、初めは短距離へ執着していたが、宮里茂樹らライバル達と鎬を削りながら力を付けていく。兄の藤井隼人と付き合っていた大江由紀子に片思いをしていたが、陸上部のチームメイトとなったなぎさ(紺野凪沙)に惹かれていく。

しかし次々に優秀な記録を出し続ける彼女に対して、素直に想いを伝えられずにいた。精神的に脆い面があり、葛藤に苦しむこともあるが、なぎさ(紺野凪沙)の一途な姿や飯塚の厳しい指導に助けられながら成長する。後に黛孝成の後任として陸上部主将になる。

登場人物・キャラクター

『なぎさMe公認』の主人公の1人。セミロングの髪を後ろで束ねた小柄な少女。初登場時は高校1年生。大分県のK郡出身。故郷で野山を駆け巡ることで鍛え上げられ、陸上の長距離選手として天才的な才能を得た。スポ...
藤井雅斗の1つ年上の兄。中学時代、「群青の隼」と呼ばれた短距離の天才スプリンター。鎌倉海邦高校に特待生として入学が決定していたが、交通事故で死亡した。

登場作品

天才スプリンターの兄藤井隼人を事故で失った藤井雅斗。鎌倉海邦高校に入学した彼が早朝のランニング中に出会った天真爛漫な少女・なぎさ(紺野凪沙)は、大分県からスポーツ特待生として入学してきた天才的な長距離...