藤原 国衡

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「ふじわら の くにひら」。藤原秀衡、藤原泰衡とは親族関係にある。

  • 藤原 国衡
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
藤原 国衡
ふりがな
ふじわら の くにひら

総合スレッド

藤原 国衡(遮那王 義経)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

奥州を治める藤原秀衡の長男。側室の子だったため、正室に弟の藤原泰衡が生まれると、皆が泰衡を嫡男として扱うようになった。これがきっかけで、内にこもった性格になり、馬にしか心を開かなくなった。藤原秀衡の頼みで愛馬の鷹楯黒を借りにきた漂太(このときは元服して源義経)を厳しく追い返す。

しかし、鷹楯黒の警戒心を解くため、自らの体に馬糞まで塗った漂太の知恵と行動力に感服し、快く貸し出す。歴史上の実在の人物、藤原国衡がモデル。

登場人物・キャラクター

奥州を治める武将。平家に対抗する力を求めてやってきた漂太(このときは元服して源義経)を、食客として迎え入れる。普段は好々爺然としているが、ひとたび戦いとなれば息子の命を犠牲にすることもいとわない。漂太...
奥州を治める藤原秀衡の次男。気さくな性格で、漂太(このときは元服して源義経)ともすぐに打ち解ける。奥州奪取を企む清原氏の残党に誘拐されるが、漂太たちの活躍によって救出される。歴史上の実在の人物、藤原泰...

登場作品

親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わりとなることだった。牛若丸の境遇に同情し、身代わりを務めることを承諾...