藤原 国衡

藤原 国衡

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「ふじわら の くにひら」。藤原 秀衡、藤原 泰衡とは親族関係にある。

登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
藤原 国衡
ふりがな
ふじわら の くにひら
関連商品
Amazon 楽天

概要

奥州を治める藤原秀衡の長男。側室の子だったため、正室に弟の藤原泰衡が生まれると、皆が泰衡を嫡男として扱うようになった。これがきっかけで、内にこもった性格になり、馬にしか心を開かなくなった。藤原秀衡の頼みで愛馬の鷹楯黒を借りにきた漂太(このときは元服して源義経)を厳しく追い返す。

しかし、鷹楯黒の警戒心を解くため、自らの体に馬糞まで塗った漂太の知恵と行動力に感服し、快く貸し出す。歴史上の実在の人物、藤原国衡がモデル。

関連人物・キャラクター

藤原 秀衡

奥州を治める武将。平家に対抗する力を求めてやってきた漂太(このときは元服して源義経)を、食客として迎え入れる。普段は好々爺然としているが、ひとたび戦いとなれば息子の命を犠牲にすることもいとわない。漂太の才能を高く評価しており、彼の強い味方となる。歴史上の実在の人物、藤原秀衡がモデル。

藤原 泰衡

奥州を治める藤原秀衡の次男。気さくな性格で、漂太(このときは元服して源義経)ともすぐに打ち解ける。奥州奪取を企む清原氏の残党に誘拐されるが、漂太たちの活躍によって救出される。歴史上の実在の人物、藤原泰衡がモデル。

登場作品

遮那王 義経

平安時代を舞台に、源義経の生涯を描く歴史ロマン。源氏を勝利に導いた源義経の正体が実は孤児の旅芸人で、幼少時に本物の牛若丸と入れ替わっていたという設定。続編に、源平合戦での源義経の活躍を描いた『遮那王 ... 関連ページ:遮那王 義経

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
漂太
牛若丸
武蔵坊 弁慶
伊勢 三郎 能盛
源 頼朝
東光坊 蓮忍
logo