藤原 涼子

とりかえ・ばや(漫画)の主人公。読みは「ふじわら の すずしこ」。別称、沙羅双樹の姫君。石蕗とはライバル関係。藤原月光とは親族関係にある。

  • 藤原 涼子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
とりかえ・ばや(漫画)
正式名称
藤原 涼子
ふりがな
ふじわら の すずしこ
別称
沙羅双樹の姫君
別称
沙羅双樹の君
別称
沙羅
別称
双樹

総合スレッド

藤原 涼子(とりかえ・ばや)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

活発で運動神経が良く、幼い頃から使用人の男の子と元気に外で遊び回ってた女の子。成人前にも関わらず、当時帝であった朱雀院より、清涼殿・殿上の間への出入りを許された五位の位を授かり、14歳で男として元服する。弟の藤原月光の名を借りて出仕した後は、沙羅双樹の君と呼ばれる。

帝のお気に入りとして注目を集めたため、石蕗にライバル視されるが、見目の美しさを気に入られ、親友付き合いをすることになる。

登場人物・キャラクター

実の父とすら滅多に言葉を交わすことがない極度の恥ずかしがり屋で、女の子と雛遊びや貝合わせをするのが大好きだった男の子。男性と顔を合わせることが苦手なため、姉の藤原涼子の名を借り、14歳で女として裳着の...
帝の従兄弟で、眉目秀麗で武芸に秀でた、16歳の青年武官。当初は、藤原涼子こと沙羅双樹が、宮廷で働く女性士官・女房たちの人気を集めていることにライバル心を抱いていたが、その見目麗しさに態度を変え、強引に...
『とりかえ・ばや』で、藤原涼子と藤原月光が性別を取り違えた呪いの象徴として登場する、架空の存在。朱雀院が帝位を退くきっかけとなった日食の際に沙羅双樹の夢に現れ、本物の男にしてやる代わりに日輪を食う瞬間...

登場作品

平安時代の超上流貴族・藤原丸光には、二人の妻が同日に産み落とした、双子のようにそっくりで美しい男女二人の子供がいた。しかし、藤原涼子と名付けられ沙羅双樹の姫君という愛称で呼ばれる姉は、文武に秀でた愛ら...