藤原 融

藤原 融

なんて素敵にジャパネスク(漫画)の登場人物。読みは「ふじわら の とおる」。瑠璃姫とは親族関係にある。

登場作品
なんて素敵にジャパネスク(漫画)
正式名称
藤原 融
ふりがな
ふじわら の とおる
関連商品
Amazon 楽天

概要

瑠璃の弟。子供っぽさが抜けないが前の第八皇女である藤宮に懸想するなど、大胆と言うより無謀なところがある。姉である瑠璃に付き纏う悪評を揉み消すために騒動を起こしたはいいものの、その事後処理にまでは考えが及ばない。破天荒な瑠璃にすら頭を抱えさせる数少ない人物である。

高彬とは親友で何でも話し合える仲であるにも関わらず、家出した際は何も告げずに置き手紙のみを残して姿を消した。あっけらかんとして良家のご子息らしくおっとりした性格。

関連人物・キャラクター

藤宮

前帝の第八皇女であり、東宮の叔母に当たる。瑠璃の弟融が彼女に一目惚れして、彼女の屋敷である二条堀川邸をうろついていた事から瑠璃と知り合う。自身の雑色である鷹男に協力して大海入道の陰謀を暴こうとしている... 関連ページ:藤宮

瑠璃姫

摂関家の流れを汲む大納言藤原忠宗の娘である。連載開始時16歳。平安時代ではその年齢で結婚していないのは非常識と思われ、父親からは再三縁談を勧められるも耳を貸さない。それというのも、幼い頃、病がちだった... 関連ページ:瑠璃姫

登場作品

なんて素敵にジャパネスク

平安時代、大納言家の姫君である瑠璃が幼馴染みの高彬と結婚するまでの紆余曲折と、京の都を揺るがす事件を解決して行くストーリー。氷室冴子著、同タイトルの小説1〜2巻を原作に山内直実が作画を担当。 関連ページ:なんて素敵にジャパネスク

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
瑠璃姫
藤原 高彬
鷹男
ニの姫
藤宮
藤原 忠宗
宗平親王
唯恵
場所
法珠寺
logo