藤原 行成

暴れん坊少納言(漫画)の登場人物。読みは「ふじわら の ゆきなり」。別称、頭弁。

  • 藤原 行成
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
暴れん坊少納言(漫画)
正式名称
藤原 行成
ふりがな
ふじわら の ゆきなり
別称
頭弁

総合スレッド

藤原 行成(暴れん坊少納言)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

従四位相当で、天皇の秘書官である蔵人頭と太政官である権左大弁を兼任する頭弁清少納言には役職の頭弁から「弁ちゃん」と呼ばれている。後世に三蹟の一人と呼ばれるほどの能書家で、その達筆さは字の汚い少納言が手習いに選んだほどである。だが、当の行成は少納言の乱筆を自由で可憐な書と勘違いし、すっかり惚れ込んでしまう。

ついには恋文をしたためて夜這いに及ぶが、少納言に送った和歌が下品だと怒られて失敗。その上、少納言本人を侍女だと勘違いしてしまう。この件をきっかけに行成は少納言に頭が上がらなくなり、何かと無茶振りを押しつけられてしまう。実在の人物である藤原行成がモデル。

登場人物・キャラクター

本名の「清原諾子」は親兄弟や夫となる相手にしか明かせないが、橘則光はしばしば彼女を「諾子」と呼ぶ。歌人で中流貴族の清原元輔の娘。貴族の娘であるものの、和歌や風流ごとや恋愛ごとよりも漢籍を読んだり野山を...

登場作品

女性に無縁な橘則光がお見合いした相手は、清原諾子というツンデレ気味な少女だった。お見合い自体は破談となるが、諾子が宮中での則光のピンチを救ったことをきっかけに、彼女は中宮定子に招かれて梅壺所属の女房に...