藤原 道長

暴れん坊少納言(漫画)の登場人物。読みは「ふじわら の みちなが」。別称、左大臣。彰子とは親族関係にある。

  • 藤原 道長
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
暴れん坊少納言(漫画)
正式名称
藤原 道長
ふりがな
ふじわら の みちなが
別称
左大臣

総合スレッド

藤原 道長(暴れん坊少納言)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

当初は正三位・中宮大夫で、後に左大臣に昇進した。定子の父親である藤原道隆と一条天皇の母親である詮子の弟で、兄の血を引く勢力を追い落とすことにやっきとなる。和泉式部には「ショッパイ親父」と呼ばれるなど権力にしか興味の無い人物で、実の娘の彰子ですら、彼には政争の駒でしかない。

表情を全く変えない能面のような人物だが、政治の裏工作には長けており、道隆の死後は権力争いに勝利して宮中の実権を握る。さらに道隆の子である藤原伊周が不祥事を起こしたのを見逃さず、これを太宰府送りにして道隆派の排除に成功。我が世の春を謳歌するが、それを不服とする清少納言に赤っ恥をかかされた。

実在の人物である藤原道長がモデル。

登場人物・キャラクター

関白・藤原道隆の嫡男で従二位・内大臣。一見すると弓に優れて容姿にも恵まれた天才貴公子だが、実は平凡な能力で自己暗示をかけないとプレッシャーに負けてしまうヘタレ。妹の定子にもたびたび泣きつき、清少納言に...
藤原道長の娘で定子の従姉妹。後に定子に代わって中宮の座に就く。銀髪のポニーテールに西洋風の着物という独特のファッションで、入内から3年後には和泉式部にも負けない巨乳に成長した。12歳の頃から定子を押し...

登場作品

女性に無縁な橘則光がお見合いした相手は、清原諾子というツンデレ気味な少女だった。お見合い自体は破談となるが、諾子が宮中での則光のピンチを救ったことをきっかけに、彼女は中宮定子に招かれて梅壺所属の女房に...