藤村 秀人

男どアホウ甲子園(漫画)の登場人物。読みは「ふじむらひでと」。藤村甲子園とは親族関係にある。

  • 藤村 秀人
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
男どアホウ甲子園(漫画)
正式名称
藤村 秀人
ふりがな
ふじむらひでと

総合スレッド

藤村 秀人(男どアホウ甲子園)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

藤村甲子園の父。婿養子のサラリーマン。東西電機、勤務。東京大学卒業の秀才。義父・球之進が娘の虎子の婿として気に入って結婚させたが、それは名前がシュートと読めるという理由から。婿養子という立場上、いつも球之進のいいなりになっていたが、さすがに息子の名付けの際は甲子園という名前ではかわいそうと反抗した。

甲子園が野球強豪校の明和高校の入試に落ち、高校野球での活躍の道が閉ざされたかに見えた時は、こっそりと南波高校入試の願書を提出していた。また、甲子園が高校3年の秋、読売ジャイアンツにドラフト指名を受けた際は、母校東京大学への進学を勧め、入試予想問題を作り上げる。

登場人物・キャラクター

南波高校野球部投手、背番号1。東京大学野球部投手、背番号1。阪神タイガース投手、背番号111。左投左打。昭和29年5月5日、甲子園球場の隣の藤村家に長男として誕生。甲子園球場と阪神タイガースをこよなく...

登場作品

高校野球のメッカ、そしてプロ野球セントラルリーグ阪神タイガースの本拠地である大マンモス球場・阪神甲子園球場。その球場の名を持つ藤村甲子園が少年期、高校、大学、プロ野球と成長を重ね、個性豊かなライバル達...