藤沼 悟

藤沼 悟

僕だけがいない街(漫画)の主人公。読みは「ふじぬま さとる」。

登場作品
僕だけがいない街(漫画)
正式名称
藤沼 悟
ふりがな
ふじぬま さとる
関連商品
Amazon 楽天

概要

売れない漫画家。28歳の青年。デビュー作はゲームのコミカライズだった。漫画だけでは生活ができないためピザ屋でアルバイトをしている。過去を変えることができる再上映(リバイバル)と呼ばれる能力を持っている。再上映が発動すると、事件が解決するまで何度でも同じ時間をやり直す。歴史を変えた結果、何らかの代償を支払うことになる。

2006年に悟の母親の藤沼佐知子が殺害された事件によって再上映(リバイバル)が発動し、1988年に戻る事になる。当時起こっていた連続誘拐殺人事件の犯人が、母親を殺害した犯人と関連していると気がつく。誘拐事件を防ぐために友人の小林賢也と共に行動する。 

関連人物・キャラクター

白鳥 潤

藤沼悟が小学生の時によく遊んでくれていた青年。悟はユウキさんと呼んでいる。ペーパークラフトが得意で、手作りの飛行機を上手に飛ばすことができる。悟も一緒に飛行機を飛ばして遊んでいた。ひとりぼっちの子を見... 関連ページ:白鳥 潤

雛月 加代

1988年、藤沼悟の小学生時代のクラスメイト。誕生日は悟と同じ3月2日。「バカなの?」が口癖。母子家庭で母親・雛月明美から暴力を振るわれている。毎週土曜日になると虐待を受け、月曜日までに傷を直せと氷水... 関連ページ:雛月 加代

関連キーワード

再上映

再上映(リバイバル)は『僕だけがいない街』に登場する言葉。主人公の藤沼悟が持っているタイムリープ能力。事件や事故が起こると発動し、その原因となるものが取り除かれるまで何度でも同じ時間を繰り返してしまう... 関連ページ:再上映

登場作品

僕だけがいない街

藤沼悟は28歳の売れない漫画家。彼は時間を巻き戻す「再上映(リバイバル)」という特殊能力を持っていた。これにより、過去に遡って事故や事件の原因を究明し、未然に防ぐことができるのだ。ただし、過去の歴史を... 関連ページ:僕だけがいない街

SHARE
EC
Amazon
logo