藤田 東湖

陽だまりの樹(漫画)の登場人物。読みは「ふじた とうこ」。別称、藤田 誠之進。

  • 藤田 東湖
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陽だまりの樹(漫画)
正式名称
藤田 東湖
ふりがな
ふじた とうこ
別称
藤田 誠之進

総合スレッド

藤田 東湖(陽だまりの樹)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

水戸藩の碩学。徳川幕府を樹齢300年の桜の木にたとえ、シロアリや木食い虫にむしばまれていると難じる。彼をしたって訪れた、伊武谷万二郞小野鉄太郎に、枯れかかった徳川幕府の最後の支柱となれと言い、伊武谷万二郞は自分の進むべき道を見いだす。伊武谷万二郞藤田東湖の「三度死を決してしかも死せず二十五回刀水を渡る」という回天詩史を、ことあるごとに唱える。

安政の大地震で死亡。歴史上の実在の人物、藤田東湖がモデル。

登場人物・キャラクター

『陽だまりの樹』の主人公のひとり。生年天保元年(物語の始まった時点で26歳)。松平播磨守家中。隠居した父の禄を継いで出仕。禄高15俵2人扶持。千葉周作の玄武館に入門するが3日目に千葉周作は死去。体力が...

登場作品

禄高15俵2人扶持の下級武士である伊武谷万二郞は、一徹にして直情なる性質を父から受け継ぎ、その性格から騒動が絶えなかったが、安政の大地震で群衆を安全な場所へ導いた統率力が老中の目にとまり、通商使節タウ...