虎丸

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「とらまる」。別称、紅膳。独眼竜正宗とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
虎丸
ふりがな
とらまる
別称
紅膳

総合スレッド

虎丸(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

智国の太子で、独眼竜正宗の歳の離れた実弟。虎丸は幼名で、本名は紅膳という。幼さのせいもあるが、知勇に優れる姉とは対照的に凡庸な人物で、周囲の意見に流されやすく決断力に欠ける。また姉のことを心から敬愛し慕っているが、それを逆用されると反論できないのも欠点。そして、そこにつけ込まれた結果、智国の内部分裂の原因を作り、独眼竜正宗の失脚と智国の凋落へと繋がっていくのだった。

登場人物・キャラクター

銀河帝国の南天に位置する、智国の国主代理を務める隻眼の女将。正宗とは智国の国主の尊号で、本名は紅玉と言う。父である先代・正宗が死去した際、弟の虎丸が幼かったことから、弟が元服するまでの間、彼女が正宗を...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。南天に位置し、首都星は南帝閣。南帝閣周辺で活動していた海賊が、治安維持を名目に神聖銀河帝国から官位を戴いたのが国の成り立ちで、智国の国主は代々正宗を名乗るのが習わ...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...