虎鮫 茂

虎鮫 茂

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「とらざめ しげる」。別称、ハンニャ。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
虎鮫 茂
ふりがな
とらざめ しげる
別称
ハンニャ
関連商品
Amazon 楽天

概要

フレイヤ幹部。原真清に小学生のころ負けて以来、彼を慕い付き従っている。女好きで、巨根の持ち主。陴威窠斗初代総長虎鮫金次郎の従弟で、自身も陴威窠斗の一員だったが、脱退している。1979年の「鬼祭り」の際は「ハンニャ」に扮したことからギッチョたちからはハンニャと呼ばれている。

北丸蛍の襲撃事件で真清、マンバと共に検挙される。1983年に出所するが、真清の後を追って鎖国島入りした。島では東側に所属。

登場作品

女神の鬼

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo