蜂屋 浩一

蜂屋 浩一

デメキング(漫画)の主人公。読みは「はちや こういち」。

登場作品
デメキング(漫画)
正式名称
蜂屋 浩一
ふりがな
はちや こういち
関連商品
Amazon 楽天

概要

登場時は大浦高等学校就職組の3年生。瀬戸内海沿いの安芸ノ島市に生まれ育つ。1968年の冬、海岸でビンに入った折り畳まれた半紙を見つけ、それをきっかけにデメキングを知る。高校卒業後は梅宮新二の誘いで万々浜マリンパークの遊園地コーナーの売店主任になるが、すぐに辞めて上京し、街頭でアジ演説をしたり、アルバイトで食いつなぎながらデメキングとの闘いに備える。

自称「天才」。

関連人物・キャラクター

闘え友の会

上京した蜂屋浩一が組織した会。闘う人の味方をする会だという。猫宮が知人を集め、第一回会合を行う。 関連ページ:闘え友の会

登場作品

デメキング

1970年、瀬戸内海に面した安芸ノ島市で育った蜂屋浩一は、高校を卒業して地元の万々浜マリンパークで働く。しかし亀岡正次達田ノ浦少年探検団の面々と出会うと、辞めて上京する。彼の目的はデメキングとの闘いに... 関連ページ:デメキング

SHARE
EC
Amazon
logo