蟲使い

風の谷のナウシカ(漫画)に登場する一族。読みは「むしつかい」。

  • 蟲使い
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風の谷のナウシカ(漫画)
正式名称
蟲使い
ふりがな
むしつかい

総合スレッド

蟲使い(風の谷のナウシカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

3度目の大海嘯を招いて滅んだ古エフタル王国の武器商人の末裔。巨大なナメクジ状のを使って探索などを行う。「屍を好んでまさぐるいまわしきやつら」としてほかの民族から忌み嫌われている。11の支族が腐海で暮らしていたが、3支族はすでに断絶。大海嘯王蟲に救われたナウシカを神と崇め、各支族から選ばれた従者が「守人」としてナウシカにつき従うようになった。

登場人物・キャラクター

風の谷の族長・ジルの娘、後に族長を継ぐ。11人いたジルの子のうち、唯一の生き残り。空を飛ぶ船や凧(グライダー)を巧みに操り、剣術なども人並み外れた腕前。精神世界で蟲や一部の人間と交信する能力も持つ。ト...

関連キーワード

『風の谷のナウシカ』に登場する生態系。胞子で繁殖する巨大な植物群からなる樹海。王蟲をはじめとする多様な蟲が棲息し、しばしば腐海の外へ腐海植物の胞子を媒介する。腐海植物は瘴気と呼ばれる猛毒ガスを排出し、...

登場作品

現代を遥かにしのぐ文明が火の7日間によって崩壊してから1000年近く経った世界。人々は旧世界が残したテクノロジーを発掘し、船と呼ぶ多様な航空機を操って暮らしている。だが火の7日間後に広がり始めた猛毒の...