蟹座のデスマスク

聖闘士星矢(漫画)の登場人物。読みは「きゃんさーのですますく」。

  • 蟹座のデスマスク
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖闘士星矢(漫画)
正式名称
蟹座のデスマスク
ふりがな
きゃんさーのですますく

総合スレッド

蟹座のデスマスク(聖闘士星矢)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

黄金十二宮を守護する黄金聖闘士のひとり。殺戮を喜びとする卑劣な聖闘士。自ら殺した者たちは成仏することができず、守護する巨蟹宮の内壁には無数の死に顔が浮かび上がっている。また正義とは時代とともに変わるという信念を持ち、教皇が双子座のサガにすり替わられたことでしてきた非道な行いを知ったうえで、教皇に仕えている。

相手の魂に直接攻撃を加え、冥界の入口である黄泉比良坂へと送る積尸気冥界波など、特殊な技の使い手。それによってドラゴン紫龍を死に際に追い詰めるが、これまでの悪行によってついに聖衣自体に見放されてしまい、廬山昇龍覇を受けて敗北を喫した。黄金聖闘士の中では、セブンセンシズに覚醒する前のペガサス星矢たちに唯一完全敗北したという立場から、冥王ハーデスによって復活させられた際もあっさり倒されるといった扱いを受ける。

しかし嘆きの壁の破壊時に魂が復活した際には、他の黄金聖闘士と共にペガサス星矢たちに力を与えている。

登場作品

世界観ギリシャ神話をモチーフに、星座を象った聖衣(クロス)と呼ばれる鎧をまとった少年たちの戦いを描く物語。聖衣を再現したフィギュア玩具が記録的な売り上げを見せるなど、漫画のみにとどまらず、様々な媒体で...