衣川 葉月

ミステリー民俗学者 八雲樹(漫画)の主人公。読みは「ころもがわ はづき」。

  • 衣川 葉月
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ミステリー民俗学者 八雲樹(漫画)
正式名称
衣川 葉月
ふりがな
ころもがわ はづき

総合スレッド

衣川 葉月(ミステリー民俗学者 八雲樹)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

第二の事件「かぐや姫殺人事件」でのヒロイン。かぐや姫伝説の伝わる那余野町で行なわれるミスかぐや姫コンテストに出場する。榊大学に通っていた時期があり、八雲とはその時からの知り合いだった。物語の13年前に起こった那余野町の大地震で両親を失い、その付近の老夫婦に養女として迎え入れられたが、地震当時の記憶を失っている。

その時彼女が逃げ込んだ竹林がミスかぐや姫コンテストの賞品の1つであったため、両親の最後の痕跡をもつ竹林をどうしても手に入れたかった葉月は、コンテストの優勝を目指していた。見事な黒い長髪がかぐや姫という名に相応しい美少女。久しぶりに再開した八雲にいきなり抱きつくなど、やんちゃな面も。

大学時代から八雲のことが好きだった。

登場人物・キャラクター

民俗学教授の助手として、榊大学で民俗学を研究する。自宅にも帰らず奇妙な置物が散乱した民俗学研究室に入り浸り、不在がちな教授の代わりにフィールドワークをこなしている。伸ばしっ放しの長髪を後ろで束ね、伸び...

関連キーワード

地方の中規模の町としてそこそこ発展しているが、町おこしの一環としてミスかぐや姫コンテストが行なわれる。かぐや姫伝説は奈良の広陵町が有名だが、この那余野町にも伝わっており、町外れの竹林に祭られた半分に割...

登場作品

榊大学房総校舎にある民俗学研究室に入り浸る八雲樹は、不在がちの民俗学教授の代わりに地方からの調査依頼を受け、何かと研究室に顔を出す富良野と共に民間伝承のフィールドワークを度々行なっていた。日本各地に伝...