西塔 小角

西塔 小角

最終戦争シリーズ(漫画)の主人公。読みは「さいとう おづぬ」。秋吉唱とは親族関係にある。

登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
西塔 小角
ふりがな
さいとう おづぬ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ファーストコンタクト』『トルント沼沢地』『夢魔』『笛吹伝説』『放電空間』『雨の降る日は天気が悪い』『とっくりタヌキ』『きつね雨』『ケサラン パサラン』『地平線の銀の星』『ドクター・レイクの休診日』『ワイプ・アウト』『午前2時の丘』『遠い声』『友達に似ている』『夜が明けたら』『激闘 市立病院』『涙のような雨がふる』『悪夢の日』『大車』などの主人公。

真ん中分けの長い黒髪。行動派でかなりムチャなことをする。大槻真砂流伊津原永都に似ている。西暦2746年7月11日生まれ。カザフスタン大公国の第三公子として生まれたが、公国滅亡の直前に脱出、市オタルに移る。母の秋吉唱西塔夜行と結婚し、その後、弟の西塔未信が生まれている。

2764年にパトロールとして幼馴染みの依志羽良絵馬超空時課長の部下に配属される。任務中にたびたび出会う熾天使に恋をしている。母・唱の冷凍処置や市長である父・夜行の昏睡などの事件後、パトロール局長になった。2806年には熾天使から現在の宇宙が生まれる前の宇宙への移住を持ちかけられたが、市オタルのために断念。

市オタルの市長に就任するが、3カ月で謀殺された。この時、尾鷹星野に救われ、3506年への時間移民となりカトマンズに落ち着く。そこで、デーヴァダッタとなった母・秋吉唱と再会。熾天使に似た大槻笑に横恋慕してしまうが、これは星夜にイジられる格好のネタとなっている。

市長専用機の主席操縦士に就職するが、友人のハヌマンが壊した王宮の修理費を請求され、パトロールのアルバイトで稼いでいる。母・唱の邪悪さに悩みつつ、幼少期に見た笑顔を忘れられずに強く出られない重度のマザコン。

これは、作者の山田ミネコの正式な見解として語られている。

関連人物・キャラクター

伊津原永都

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『秋津島大和編』『黄泉の向こう岸』『開放都市』『孔雀天使城』の主人公。1964年生まれ。鎌倉の高校で応援団長をしていた。ソマの母を早くに亡くし、父と兄と暮らす。カト... 関連ページ:伊津原永都

秋吉唱

長い黒髪の女性。市トーノの魔術師兼医者である秋吉真名部の娘だが、自殺嗜好症のために昏睡状態にされ、2年ごとに目覚めていた。カザフスタン大公国で、大公に見初められ一の妃となる。大公との間に小角を生んでい... 関連ページ:秋吉唱

依志羽良絵馬

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『影』『ドクター・レイクの休診日』『風の迷路』の主人公。2743年生まれ。子供のころから市オタルのパトロールスクールに入っていて、サバイバル訓練の最中にカザフスタン... 関連ページ:依志羽良絵馬

熾天使

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『雨のふる日は天気が悪い』『きつね雨』の主人公。本名など多くのことが不明。実は、現在の宇宙が始まる前の宇宙からやって来た一族。大跳躍と呼ばれる超長期の時間跳躍をする... 関連ページ:熾天使

春美

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ウォーク・ドント・ラン』の主人公。20世紀のビジュアル系ロットバンドの「スラッシュ」のリーダーでボーカル。音楽性にこだわりをもっている。幼い頃、一緒に暮らしたレイ... 関連ページ:春美

関連キーワード

パトロール

『最終戦争シリーズ』の組織。最終戦争後の世界の各都市にある、警察と役人、軍を混ぜたような組織。重要な役割を担っているため、メンバーはエリート揃い。時空間犯罪を扱う「超空時課」のほかに「麻薬課」なども存... 関連ページ:パトロール

登場作品

最終戦争シリーズ

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく... 関連ページ:最終戦争シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo