西村 作太郎

西村 作太郎

極道めし(漫画)の登場人物。読みは「にしむら さくたろう」。別称、元祖話王。

登場作品
極道めし(漫画)
正式名称
西村 作太郎
ふりがな
にしむら さくたろう
別称
元祖話王
関連商品
Amazon 楽天

概要

戦前に財閥の御曹司として生まれたが、戦火によって財閥は消滅し、孤児となってしまう。それでも戦後の焼け野原に出来た闇市で旨いもの話を売り、粗末な食べ物を美味しく感じさせる飯小僧として評判になって、15歳の時に貯めた金で西村商事を起業。西村家の再興を目指す。ところが28歳の時に泥酔による看板損壊で逮捕され、同じ房の者たちに旨いもの話をして喜ばれたことから、それが天性の仕事と実感。

以後旨いもの話を一番喜んでくれる懲役囚たちの顔を見るため、微罪での刑務所への出入りを繰り返し、話王と呼ばれる旨いもの話の達人となった。現在も70歳を超えて服役中。

登場作品

極道めし

正月の刑務所で特別に出されるおせち料理を賭けて、旨いもの話で聞き手の喉を鳴らせることを競う囚人たち。舞台は浪花南刑務所から始まって全国各地の刑務所の雑居房に移り、様々な囚人たちが話術を尽くして旨いもの... 関連ページ:極道めし

SHARE
EC
Amazon
logo