西村屋 与八

鼻紙写楽(漫画)の登場人物。読みは「にしむらや よはち」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鼻紙写楽(漫画)
正式名称
西村屋 与八
ふりがな
にしむらや よはち

総合スレッド

西村屋 与八(鼻紙写楽)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

馬喰町にある書肆(本屋)永寿堂西村屋の主人。後の写楽となる伊三次の絵師としての才能に期待し、中村仲蔵の死をきっかけに歌川豊国錦絵と共に伊三次を江戸でのデビューをさせようとする。歴史上の実在の人物、西村屋与八がモデル。

登場人物・キャラクター

26歳の時に大阪から絵師として上京。この時の筆名は流光斎如圭(りゅうこうさいじょけい)という。江戸の錦絵に興味を持ち、自分の画風を模索する。男前で気風がよく五代目市川団十郎の娘りはに惚れられる。歴史上...

登場作品

江戸時代後期、歌舞伎の世界に、武士を捨て囃子方になった綴勝十郎。親兄弟を亡くて五代目市川団十郎の息子徳蔵の付き人として奉公した卯之吉。そして上方から絵師としてやってきた伊三次こと後の東洲斎写楽。その伊...