西王母桃

おとめ妖怪 ざくろ(漫画)の主人公。別称、ざくろ。

  • 西王母桃
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おとめ妖怪 ざくろ(漫画)
正式名称
西王母桃
別称
ざくろ

総合スレッド

西王母桃(おとめ妖怪 ざくろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

半妖の少女。長い黒髪が特徴的な、明るくおてんばで、気が強い。趣味は喧嘩独楽。文明開化に否定的で、西洋のものは「バテレンだ」と言って嫌う。戦闘能力が高く、いざという時には刀を武器に妖怪を退治する。特別な力の持ち主で、薄蛍雪洞・鬼灯ざくろの近くにいることで能力が倍増する。

総角景少尉とコンビを組む。美麗な外見とは裏腹に怖がりでヘタレな総角に最初は反感を覚えたが、一緒に過ごすうちに彼の正義感や優しさにふれ、惹かれてゆく。幼いころに別れた母親の行方を探している。

関連キーワード

『おとめ妖怪ざくろ』に登場する種族。人間と妖怪の間に産まれた存在。子を孕んだ人間の女が神かくしに遭い、帰ってきた時に腹の中の子は半妖と化している、と言われる。ざくろ、薄蛍、雪洞・鬼灯はみな狐と人間の半...
『おとめ妖怪ざくろ』に登場する組織。従来の警察では対処できない、妖怪の引き起こす様々な事件を解決するために作られた新組織。人間と妖人の代表とで組織され、両者の緩衝役も担っている。帝国陸軍からは総角景少...

登場作品

人間と妖怪が共存する異世界の日本。文明開化の影響で暦を太陽暦へ変更したが、人間側の一方的な改暦に反対する過激派妖怪の活動に手を焼いた政府は、新組織妖人省を設立した。人間と妖怪で手を組んで、妖怪が起こす...