見上 漾子

見上 漾子

夢使い(漫画)の登場人物。読みは「みかみ ようこ」。

登場作品
夢使い(漫画)
正式名称
見上 漾子
ふりがな
みかみ ようこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

葩坂女学院に通っていた。美しい容姿で愛されていたが、実は少女の姿をした少年だと判明。2年前、小学6年生の時、学校内の猟奇殺人事件で亡くなった。2年後、富士野馨の手引きで郷土資料館から謎の場所に呼び出された少女たちと性的行為を繰り返し、全員に想像妊娠をさせていたものの、誰もその理由がわからず、中島蕙の依頼で夢使いが謎の解明に入った。

登場作品

夢使い

夢と現実を行き来できる夢使いたち。彼女らは神話や心理にまつわる事件を、夢の中で自在にイメージを具現化させ、戦いながら解決していく。「虹の卵」編、「鉱物の聖母」編、最終話の「影の女」の三部で構成されてい... 関連ページ:夢使い

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
三島 隣子
三島 塔子
三島 美砂子
橘 一
茶川 三時花
中島 蕙
場所
その他キーワード
遊部
箒神
logo