親父

親父

聖・はいぱあ警備隊(漫画)の登場人物。読みは「おやじ」。別称、高屋敷 洸。

登場作品
聖・はいぱあ警備隊(漫画)
正式名称
親父
ふりがな
おやじ
別称
高屋敷 洸
別称
一ノ瀬 洸
関連商品
Amazon 楽天

概要

高屋敷の父親でちゃらんぽらんな人。元警官で、今はペンネーム一ノ瀬洸という名前でロマンス小説を書いている有名人。息子を小説のネタにし、設定もほとんどノンフィクションである。女遊びが原因で8年前に妻と離婚し、高屋敷の祖父に勘当されている。高屋敷昴にとって、昔は強くてかっこ良くて優しい自慢の父親だった。

しかし、親父自身は自分をだましながら30年過ごしていたため、何かが壊れて変わってしまった。締め切り前は居留守を使い、ドアも開けてくれない。仕事を選ばず、挿し絵が少女漫画の可愛いジュニア小説も書いている。

登場作品

聖・はいぱあ警備隊

梨本つぶらは、元男子校の私立東郷高校に入学したが、そこは男子1200名&女子20名という男女比率の高校だった。狼の群れの中、子羊同然の彼女達を守るため、はいぱあ警備隊と呼ばれる風紀委員が動き出す。隊長... 関連ページ:聖・はいぱあ警備隊

SHARE
EC
Amazon
logo